スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」をクリアしました! 

今回は(今回も?)FFとは関係のないお話。
昨年末、任天堂より発売されたゲーム機、Wiiを購入したことは紹介しましたけれど、そのとき一緒に買ったソフトのうち一本が「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス(以下トワイライトプリンセス)」でした。
のんびり少しずつ進めていたのですが、ようやくエンディングまで見ることが出来ました。
(以下、ネタバレはない、クリアしてからの感想です)


実はと云うと、任天堂ではマリオと双璧をなすほどの看板ゲームでもあるゼルダであっても、これまでそこまで興味はありませんでした。
ゲームキューブで発売されていた「ゼルダの伝説 風のタクト」も遊んだものの、どうも取っ付きが悪くてクリアまで至っていません。
今回の「トワイライトプリンセス」もこれまでのゼルダの中でも最高だと云われてもピンと来ていなくて、ただなんとなく買ってみたという感じでした。

「まぁ買ったもののあまり遊ばないんだろうなぁ」

Wiiの直感的な遊びは「Wii Sports」みたいなミニゲームこそ向いていると初めは思っていましたし、何より何年にも渡って遊んでいるオンラインゲームもあります。
これまでと同様、興味は惹いて購入はしても遊ぶことなく片付けてしまうとも思いました。

ところが、です。
最初はWiiの特徴でもある、直感的な操作も出来るリモコンだとどんな感じで遊べるんだろうと感じた疑問で進めていたら、次第にのめりこんでしまいました。
終盤になるとそれこそ長い間遊んでいるオンラインゲームもそっちのけで、時間があれば「トワイライトプリンセス」ばかりをやっていました。
我ながらこんなに遊んだゲームは久しぶりかもしれません。
(恥ずかしながら、たいていはクリア前に飽きてしまって放置してしまうのです)

まず、自分的にツボだったのは、プレイヤーキャラであるリンクがムービーシーンで全く喋らないこと。
息を飲んだり掛け声は出すものの、表情や仕草だけで感情を示すことにとても好感が持てました。
個人的には「ロールプレイング(「役割を演じる」という意味)ゲームで、自分の投影である主人公が勝手に喋るのは邪道だ!」と思っています。
言葉はその人を表現するもののひとつです。
うなずくにしても「うん」と素直な場合もあるし、「ああ」とぶっきらぼうな場合もあるかもしれません。
それなのに思惑と違った言葉を云われてしまうと、途端に自分の中でそのゲームに対して興ざめしてしまいます。
それが本作になかったのが自分としてはとてもよかったです。

シナリオもこの先どうなるんだろうと気になる展開で(往年のファンにはお約束な展開も多いらしいのですが)早く次を進めてみたいと思うことも多く、楽しめたと思います。
一緒に冒険をするキャラにミドナという影の世界の住人がいるのですが、その毒気のある台詞も女の子らしいように可愛く見えてくるから不思議でした。
まぁもっとも、途中でゼルダ姫に出会うまで、その口の悪さから男だと思っていたのですけどね…。
(実はこれがいちばん驚いたことでした)

最初は敵の術によってオオカミの姿に変身させられて、かなり行動に制限がついてつまらないなぁと思っていた本作。
それがミドナに出会い、人の姿に戻れた辺りから次第に行けるところが増え、その面白みをどんどんと味わえるようになりました。
正直なところ、ゲームは好きですが上手ではない自分は、何度も倒れる場面もありましたが、段々と広がる世界をたくさん見て回りたくなって、その度にリトライをしました。

「ゼルダはちいさな目的をいくつも達成し、おおきな目的へとたどり着く醍醐味があるよね」

誰かがそう云っていましたけど、なるほどそうなんだなぁと思いました。
トラップの解き方、敵の倒し方、道の切り開き方、そのどれをとっても「あ、こうすればいいのか」といった閃いた瞬間の楽しさがあるのです。

久しぶりに自分としてはツボなゲームだなぁと思います。
まぁ主人公キャラは本来左利きなのですが、Wiiではその直感的なインターフェースにのっとって右手で剣を振るのが不満と云えば不満なのですけどね…。
というのも自分は左利きですので、右手で剣を振る動作に慣れるまで違和感があったからです。
さすがにゲームキャラの利き腕選択までは要望しませんけど、あったらより感情移入出来たかなぁと残念に思います。
この作品、実は任天堂のサイトからゲームキューブ版もオンライン販売をされています。
そちらは従来通り左利きだそうなので、ちょっと欲しいなぁとまで思いました。

世界をゆるやかに遊ぶこと、世界を救う為に奔走すること、そのどちらもが両立している世界。
エンディングは迎えたものの、ミニゲームを残したままの部分があります。
他にももう一度訪れてみたいなぁとも思う場所もたくさんあります。
味わい尽くすにはもう少し世界を回らないとね。
クリア一歩手前のセーブデータのプレイ時間はまだまだ増えそうです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kizuk.blog18.fc2.com/tb.php/495-059c9546

ゼルダの伝説

ゼルダの伝説ゼルダの伝説 (ぜるだのでんせつ) は、任天堂が開発・発売したテレビゲームである。略称は「ゼルダ」または「ゼル伝」。基本的にはアクションゲームで
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。